サッカーワールドカップの賞金はどこからもらえるの?賞金総額も調査!

アフィリエイト広告を利用しています

イベント

サッカーワールドカップ2026はカナダ・メキシコ・アメリカ合衆国の3カ国共同開催で行われます。

前回のサッカーワールドカップ2022・カタール大会では、決勝戦でアルゼンチンがフランスを破って通算3度目の優勝を果たしました。

出場したチームは多額の賞金を獲得しますが、どこからもらえるんでしょうか?

そして賞金の総額はいくらになるんでしょうか?調べてみました。

サッカーワールドカップ2022の賞金総額はどこから?

FIFAはカタールでの2022年ワールドカップに4億4000万ドル(米ドル)の賞金を出しました。日本円で約616億円。(1ドル140円換算)

サッカー ワールドカップの賞金はFIFAから各国のサッカー協会やサッカー 連盟に対して支払われるんですね。

これは前回18年のロシア大会は賞金総額が4億ドルだったので、4000万ドルの増額となっています。

ブラジルで開催された2014年大会の賞金は3億5800万ドルでした。年々増額されています。

2022年カタール大会でのFIFAの収益見込みは46億ドル。

1ドル140円として考えてみると・・・6440億円!!!

放映権料だけでも26億ドルの収益らしいです。

小さな国家予算ぐらいの規模ですね。これだけあれば、賞金の総額は簡単に出せそう。

サッカーワールドカップ2022優勝チームの賞金額は?

FIFAは2022年4月、カタール・ワールドカップの優勝チームの賞金は4200万ドル。

これは2018年と比べて400万ドルの増額であり、過去40年にわたって優勝賞金が大きく増えてきています。

  • 2022年4200万ドル
  • 2018年 → 3800万ドル
  • 2014年 → 3500万ドル
  • 2010年 → 3000万ドル
  • 2006年 → 2000万ドル
  • 2002年 → 800万ドル
  • 1998年 → 600万ドル

 スポーツ用品を買うならネット注文のセビオ

セビオについてはこちら

サッカーワールドカップ2022各国チームの賞金額は?

2022年ワールドカップに出場するだけで、各チームは150万ドルの参加費をもらえます。

ですが、大会で決勝トーナメントに進出することで、各チームはさらに大きな金額を得ることができるんです。

2022年W杯杯の到達ステージごとのチームの獲得賞金額

  • グループステージ → 900万ドル
  • ベスト16 → 1300万ドル
  • ベスト8 → 1700万ドル
  • 4位 → 2500万ドル
  • 3位 → 2700万ドル
  • 2位 → 3000万ドル
  • 優勝 → 4200万ドル

サッカーワールドカップ2022選手たちが手にする金額は?

日本では、JFAが「日本代表選手ペイメント問題に対する当協会の考え」として公開しており、それによるとワールドカップでは出場権獲得ボーナス1,000万円がついており1勝ごとに200万円を獲得できるそうです。

さらに

  • 優勝すると5,000万円
  • 2位は 3,000万円
  • 3位は 2,000万円
  • ベスト4 は1,000万円
  • ベスト8は 800万円
  • ベスト16は 600万円 となっています。

 

 

サッカーワールドカップ2022賞金はどこからもらえるかのまとめ

賞金額について調査しましたが、サッカーワールドカップを主催しているFIFAが賞金を出していることが分かりました。

サッカーワールドカップは、全世界で大注目のスポーツイベントです。

サッカーを国技としている国も多いので、国民の熱量は暴動が起きてしまうほどなんです。

大きなお金が動くのも分かりますが、何より選手たちの熱い熱戦を4年に一度全世界で応援できることが嬉しいですね♪

プチネタとして・・・

日本でのJリーグ所属選手の場合は、獲得した金額は全て「事業所得」となり、全額が課税対象です。

アマチュア選手の場合は「雑所得」となります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました